* マスタの導入方法 [#t5fda0b6]

実行制御機能を持つマスタの導入方法を記載します。
導入はmsiインストーラを実行する方法と、手動でファイルコピーする方法があります。

ここでは、インストーラを使用した導入方法を記載します。

** 1.''ProcessControlTool.msi''を実行 [#d2e297d3]
** 1.''gocuto.msi''を実行 [#d2e297d3]

&ref(inst_000001.JPG);

ようこそ画面が表示されます。
「次へ」をクリックします。

** 2.ライセンス条項の確認 [#d2e297d3]

&ref(inst_000002.JPG);

同意を選択後、「次へ」をクリックします。

** 3.インストール先フォルダの指定 [#d2e297d3]

&ref(inst_000003.JPG);

導入先フォルダを指定して、「次へ」をクリックします。~
全角文字や半角スペースを含む場所に導入すると、実行するスクリプトでのフォルダ名指定が煩雑になるため、できるだけ半角英数字のみを使用した場所への導入をお勧めします。

** 4.セットアップタイプの指定 [#d2e297d3]

&ref(inst_000004.JPG);

「すべて」を指定すると、マスタとサーバントの両方が導入されます。~
サーバントのみ導入したい場合は、「カスタム」を指定します。

** 5.カスタムセットアップの指定 [#d2e297d3]

&ref(inst_000005.JPG);

マスタを導入しない場合は、実行制御機能を選択して「この機能を使用できない様にします。」を選択します。

&ref(inst_000006.JPG);

なおサーバントの導入は必須です。

** 6.インストール最終確認 [#d2e297d3]

&ref(inst_000007.JPG);

「次へ」をクリックします。

&ref(inst_000008.JPG);

ユーザーアカウント制御が表示された場合は、「はい」を選択してください。

** 7.インストール完了 [#d2e297d3]

&ref(inst_000009.JPG);

インストール完了の画面が表示されます。
再起動は不要です。

** 8.サービス起動確認 [#d2e297d3]

&ref(inst_000010.JPG);

インストールが完了すると、サーバントがサービス起動します。
Windowsのサービスコンソールから、「Cuto Servant」というサービスが開始していることを確認してください。


** 特記事項 [#d2e297d3]

このインストーラで行う、ファイルコピー以外の動作は次の通りです。

1. 環境変数PATHへの「導入先フォルダ\bin」の追加~
2. レジストリ「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\unirita」への登録~
3. 「cuto servant」のサービス登録と起動~

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS