結果表示ユーティリティ

DBに保存されたジョブネットワークとジョブの実行結果を標準出力へ表示する、CLI形式のユーティリティ「show」を説明します。

DBから読み込んだ情報を、標準出力に表示します。 それ以外のメッセージは、標準エラー出力に表示します。

実行方法

show.exe [-nid=インスタンスID] [-jobnet="BPMNファイル名(拡張子なし)"] [-from="from日付"] [-to="to日付"] [-status="normal" | "abnormal" | "warn" | "running"] [-format="json" | "csv"]

オプションは組み合わせて使用します。条件はAND指定のみです。

json : JSON形式で表示。(デフォルト値)
csv  : カンマセパレータで表示。(1行目はタイトル行)

設定ファイル

master実行時に指定しているものと同じ設定ファイルを読み込みます。

リターンコード

成功      :0
0件表示    :4
パラメータエラー:8
失敗      :12

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS