実行結果DBファイル

概要

ジョブネットおよびフロー内の各ジョブの実行結果はGoCutoマスタによりSQLiteのDBファイルへ記録されます。

出力先
マスタ設定ファイルのdb.db_file

内容を確認するにはSQLiteのクライアントソフトウェアを用いるか、結果表示ユーティリティを使用してください。

結果表示ユーティリティについて

ジョブネットの実行結果

テーブル名

JOBNETWORK

カラム一覧

#カラム名説明
1IDジョブネットの実行時に割り当てられる一意なインスタンスID。
2JOBNETWORKジョブネット名
3STARTDATEジョブネットの実行開始日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
4ENDDATEジョブネットの実行終了日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
5STATUSステータス
0:ジョブネットが実行中であることを示す
1:ジョブネットが正常終了したことを示す
2:ジョブネットが警告終了したことを示す
9:ジョブネットが異常終了したことを示す
6DETAIL異常終了時の原因メッセージ。
7CREATEDATEレコードの作成日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
8UPDATEDATEレコードの最終更新日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]

ジョブの実行結果

テーブル名

JOB

カラム一覧

#カラム名説明
1IDジョブネットのインスタンスID。
2JOBIDジョブ定義BPMNファイル内でserviceTaskタグのid属性に指定した値。
3JOBNAMEジョブ名
4STARTDATEジョブの実行開始日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
5ENDDATEジョブの実行終了日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
6STATUSステータス
0:ジョブが実行中であることを示す
1:ジョブが正常終了したことを示す
2:ジョブが警告終了したことを示す
9:ジョブが異常終了したことを示す
7DETAIL異常終了時の原因メッセージ。
8RC実行したジョブの終了コード。
9NODEジョブを実行したサーバントのノード名。
10PORTジョブを実行したサーバントのポート番号。
11VARIABLEジョブからの標準出力の最終行。
(拡張ジョブ定義ファイルの変数$MJジョブ名:OUT$にセットされる値)
12CREATEDATEレコードの作成日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]
13UPDATEDATEレコードの最終更新日時。書式[ YYYY-MM-DD HH:MM:SS.SSS ]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-10 (木) 14:10:01 (1190d)